雨から家を守る屋根について

もし屋根がなかったとしたら、どうなってしまうのかということを想像すれば、屋根の役割やその存在の大きさがわかることでしょう。誰でも思い浮かぶ屋根の役割といえば、雨の侵入を防ぐ役割でしょう。もし雨が家の中にどんどん侵入してきたとしたら、家はどうなってしまうのでしょうか。たとえば雨漏りを考えてみるとわかりやすいかもしれません。もし、雨漏りをそのまま放置していると何が起こるのかというと、それを経験した人ならわかると思うのですが、カビが異常発生したり、壁紙がはがれてきたり、天井が変形して落ちてきたりします。目に見えないところでは、もっと悲惨なことが起こっているかもしれません。もし屋根がなかったら単なる雨漏りどころの話ではなくなり、木造住宅であれば柱までが水を吸って腐り、家がダメになってしまうことでしょう。雨は家をダメにする最も恐ろしい天敵であり、その雨から守ってくれるのが屋根というわけです。もし屋根がなければ、どれだけ立派な壁がありどれだけ立派な柱があったとしても意味が無くなってしまうのです。なお、瓦を代表とする屋根材には寿命がありますので、交換時期が来たら定期的に取り換えていくということが家を長持ちさせるためには大切です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。