屋根材は屋根の勾配によって決まる?

住宅の屋根というと三角の形をしたものをよくイメージしますが、その勾配の角度について気にする人はあまりいないでしょう。どんな勾配の角度であっても、それは見た目のデザインの違いであって、屋根としての機能は変わらないだろうと単純に考えてしまいがちです。しかし屋根の勾配をどうするかということは、屋根材を選ぶ際にも重要になってきます。まず勾配がきつい屋根と、緩やかな屋根では何が違ってくるのかというと、それは雨水の流れ方です。勾配がきつい屋根は水切れが良くなりますが、緩やかな屋根は水が流れにくくなり雨漏りしやすくなります。ですので勾配が緩やかな屋根にする場合は、防水性の高い金属屋根が使われる場合が多くなるのです。そして勾配がきつい屋根の場合は、特に極端な角度がある場合だと通常の瓦ではずり落ちてしまう可能性があるため、別のものを使う必要があるということになるでしょう。また、屋根材にはどのぐらいの勾配までOKなのかという基準が定められているため、屋根の勾配によって使える屋根材も決まってきます。ですので、住宅の屋根をどうするかを考える際は、屋根材を何にするかということだけでなく、勾配についてもよく考えることが重要だと言えるでしょう。

カテゴリー: 建築   パーマリンク

コメントは受け付けていません。