作成者別アーカイブ: admin

日本の住宅の特徴である瓦屋根と其のメンテナンス

数年前に島根県の日本海側をドライブ旅行中に、赤い瓦の住宅が軒を連ねていたのを思い出しました。其の赤い瓦というのは「石州瓦」ともいうらしく、石州というのは所謂、石見地方を指すようで島根県の西部地域で生産される瓦だそうです。  特徴などを調べてみると、寒さに強く凍りにくて即ち、吸水率が低いとされ、粘土瓦なので耐火性にも強く、風雨による腐食変色や酸やアルカリにも強いとされています。更に、瓦の中では比較的軽く、従って瓦屋根としては耐震性能も高いともいわれているようです。 一方、関東地方に住む筆者の住宅の屋根の瓦ですが、実は20数年前に新築したときに施工したのですが、所謂、セメント瓦というものらしいのです。従って、20数年経っているということもあって、瓦表面では艶がなくなっていよいよメンテナンスが近づいていることが伺えるのです。 一般に屋根材としての瓦は産地によって色々なメーカーや特色、製法などが有るようですが、何れにしても素材としては粘土質や土質、其れにコンクリートなどが有るようで、耐用年数としては40年とも60年とも言われているようです。ところがコンクリー瓦の場合は前記したように表面侵食や腐食が進む事もあって、20年から30年毎に交換又は塗装の塗り直しなどのメンテナンスを施す必要があるとされています。 又、石州瓦のように瓦そのものは耐用年数は長いのですが、其の下地材などの点検が必要で、ときによっては下地材の交換やメンテナンスが必要ともされているようです。

カテゴリー: リフォーム | コメントをどうぞ

雨から家を守る屋根について

もし屋根がなかったとしたら、どうなってしまうのかということを想像すれば、屋根の役割やその存在の大きさがわかることでしょう。誰でも思い浮かぶ屋根の役割といえば、雨の侵入を防ぐ役割でしょう。もし雨が家の中にどんどん侵入してきたとしたら、家はどうなってしまうのでしょうか。たとえば雨漏りを考えてみるとわかりやすいかもしれません。もし、雨漏りをそのまま放置していると何が起こるのかというと、それを経験した人ならわかると思うのですが、カビが異常発生したり、壁紙がはがれてきたり、天井が変形して落ちてきたりします。目に見えないところでは、もっと悲惨なことが起こっているかもしれません。もし屋根がなかったら単なる雨漏りどころの話ではなくなり、木造住宅であれば柱までが水を吸って腐り、家がダメになってしまうことでしょう。雨は家をダメにする最も恐ろしい天敵であり、その雨から守ってくれるのが屋根というわけです。もし屋根がなければ、どれだけ立派な壁がありどれだけ立派な柱があったとしても意味が無くなってしまうのです。なお、瓦を代表とする屋根材には寿命がありますので、交換時期が来たら定期的に取り換えていくということが家を長持ちさせるためには大切です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

屋根材は屋根の勾配によって決まる?

住宅の屋根というと三角の形をしたものをよくイメージしますが、その勾配の角度について気にする人はあまりいないでしょう。どんな勾配の角度であっても、それは見た目のデザインの違いであって、屋根としての機能は変わらないだろうと単純に考えてしまいがちです。しかし屋根の勾配をどうするかということは、屋根材を選ぶ際にも重要になってきます。まず勾配がきつい屋根と、緩やかな屋根では何が違ってくるのかというと、それは雨水の流れ方です。勾配がきつい屋根は水切れが良くなりますが、緩やかな屋根は水が流れにくくなり雨漏りしやすくなります。ですので勾配が緩やかな屋根にする場合は、防水性の高い金属屋根が使われる場合が多くなるのです。そして勾配がきつい屋根の場合は、特に極端な角度がある場合だと通常の瓦ではずり落ちてしまう可能性があるため、別のものを使う必要があるということになるでしょう。また、屋根材にはどのぐらいの勾配までOKなのかという基準が定められているため、屋根の勾配によって使える屋根材も決まってきます。ですので、住宅の屋根をどうするかを考える際は、屋根材を何にするかということだけでなく、勾配についてもよく考えることが重要だと言えるでしょう。

カテゴリー: 建築 | コメントをどうぞ

光熱費が削減できる塗料とは

外壁塗装に使用されている塗料と言えば、アクリル塗料やウレタン塗料、光触媒塗料やフッ素塗料などさまざまですよね。 その中でも、人気な塗料、サーモアイシリーズの中の「サーモアイウォール」。 サーモアイウォールとは、1日の中でほとんどの時間日に晒されているお家や、ヒートアイランド現象で気温が高くなりやすい都市部にお住まいの方におすすめの塗料です。 屋根用のサーモアイ同様、日光を反射し高い遮熱性を得られるのです。 春は外壁塗装の時期ですので、夏が来てお家の中が熱くなる前に、一度「サーモアイウォール」で塗装を検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ